2021-02-14

私が考える最適な勉強法とは

資格試験の勉強法には様々なものがあり、勉強法に関する書籍も数多く出版されています。

今日は、私が考える最適な勉強法について書いてみたいと思います(あくまで私個人の考えであり、他の勉強法を否定するものではありません)。

勉強法に関してよく議論になることの1つに「テキスト中心か、問題集(過去問)中心か」というものがあります。

私は、この点については正解はないと考えています。

最終的には、テキストに書いてあることを覚えることが重要ですが、本試験で問われる形式に沿っていかにスムーズに解答できるようにするかが最も重要だと思います。

乱暴な表現になりますが、受験生には天才型凡人型の2つがあるように思います。

天才型は有名校出身で学力の高い受験生に多く、テキストを読んだだけで本質を理解し、様々な形式の設問に対応したアウトプットができるタイプです。天才型の場合は、テキストを繰り返し読んでインプットする勉強法が効果的で、本試験でも驚くような高得点を叩き出す受験生が多いです。

凡人型は、テキストを読んだだけでは本試験で問われる形式にすぐには対応できず、問題を繰り返し解くことをしないと記憶がなかなか定着しないタイプです。私を含め、世の中の受験生の大半がこのタイプではないかと思います(司法試験や公認会計士試験等の超難関の資格試験の受験生にはあてはまらないかもしれません)。

私が社労士受験で行った勉強法は、問題集の余白にテキストの該当ページをメモしておき、問題を解いた後に即座にテキストの該当ページを開き、周辺に書かれていることも含めてインプットするというものでした。テキストと問題集の相互リンク、特に問題集→テキスト確認を重視していました。テキストを読む際には、漫然と読むのではなく、本試験での問われ方を意識しながら読みました。


勉強法に関する私の持論は、「本試験で問われる形式に沿って準備する」というものです。

私が昨年秋に受験した特定社労士試験(紛争解決手続代理業務試験)は、記述・論述式の試験です。

私は、早い時期に過去問集を入手し、本試験ではどのような形式で問われるか、その形式でスムーズに解答できるようにするためには何が必要かを研究することから準備を始めました。

その結果、私が行ったことは、ノート数冊分に及ぶ写経(模範解答の書き写し)と、時間を計測しながらの記述練習でした。

長くなりましたので、詳しいことは合格発表の後にまた書きたいと思います。

不合格だった場合は、恥ずかしいので書けません。あしからず・・・(汗)

2021-02-13

特別研修・特定社労士試験対策にベストな参考書は

私の記憶がまだ残っているうちに、昨年秋に受けた特別研修特定社労士試験で感じたことをメモとして残しておきたいと思います。

受講申し込みをすると、連合会から受講案内とともに参考図書リストが届きますが、そのリストには入っていない書籍で私が最も役立ったと思う参考書が以下の本です。

改訂版 個別労働紛争あっせん代理マニュアル』前田欣也・著、日本法令、2016年

この本は、補佐人時代の社会保険労務士に求められる知識を、図表を駆使しながら、憲法民法民事訴訟法にわたって非常にわかりやすく書かれています。前半のこのパートは、特別研修の中央発信講義で学ぶ範囲ともリンクしています。

本の後半は、紛争の類型ごとにあっせん申請書と答弁書のモデルが掲載されており、このパートはグループ研修の申請書・答弁書起案の課題でも非常に参考になりました。現に、グループで起案した申請書で、私がこの本を参考にして書いた部分がゼミナールの弁護士の先生の講評で褒められましたので、法的な構成等の信頼性は確かなものであると感じました。

紛争の各類型の冒頭には、当事者の主張すべき事実についてのブロック図があり、これを理解してしっかり記憶することが試験対策上とても重要であることも実感しました。

以上はすべて試験が終わった後に気づいたことです。

特定社労士試験が終わった後、私が最も後悔したことは「この本をもっとよく読んでおけばよかった・・・」ということです(汗)

最後に、ひとつ注意点があるとすれば、この本は民法改正前に出版されていることです。巻末の資料には「民法改正案」として条文が掲載されていますが、3訂版の出版が待たれるところですね。

2021-02-09

「信州上田の社労士」へ看板を掛け替えました

こんにちは。

このたび、「労働者を支援する社労士」から「信州上田の社労士」に看板を掛け替えました。

弁護士の先生の場合ですと、使用者側、あるいは労働者側というように立場を明確にされていらっしゃる先生が多いですね。

社会保険労務士の場合は、弁護士の先生とは少し違うところがあります。

社労士法第1条では、「この法律は、(中略)事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする」と定めていますし、第1条の2では、「社会保険労務士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正な立場で、誠実にその業務を行わなければならない」と規定しています。

ですので、社会保険労務士が「労働者側」あるいは「使用者側」と立場を明確にすることは、社労士法の趣旨に沿わないと言われていますし、社会保険労務士の全国組織である連合会倫理研修等の場で、労使いずれかに大きく偏った立場の表明(100%労働者の味方です等)はNGであると繰り返し指導しています。

それにもかかわらず、私がこれまで「労働者を支援する社労士」を看板に掲げてきたのは、労使間に存在する交渉力の格差や、労使それぞれが持つ情報の非対称性から生じる労働者の不利益の実態を見たり聞いたりしてきたからです。

また、これまでの労働相談を通じて、労働者自身が労働法に関する正しい知識を持ち、自ら使用者と交渉できる力を持つことによって、より望ましい労使関係が築ける可能性があることを相談者のその後の行動をみることで確信できたからです。

しかし、そうは言っても、社会保険労務士として活動する以上は、世間から誤解を生じるおそれのある表現は避けた方がよいとの結論に到りました(他の社労士の先生方のお考えを否定する趣旨では全くございません)。

ただ、先日受験した特定社労士試験(紛争解決手続代理業務試験)に合格した場合、私は個別労働関係紛争の解決手続きである「あっせん」に積極的に取り組みたいと考えていますので、特定付記をした後にはまた看板の掛け替えを行うかもしれません。

そして、どのような看板にするかは、実はまだ決まっていません(汗)

これからしばらくは悩みの日々が続きそうです(試験に合格してから悩めという声も聞こえてきますが。。)

2021-02-08

雑誌『SR』で第16回特定社労士試験の解答例をチェックしたら...

私は昨年秋の社労士特別研修を受講し、研修最終日の午後に実施された第16回特定社労士試験(紛争解決手続代理業務試験)を受験しました。

今月5日に発売された『開業社会保険労務士専門誌SR』61号(日本法令)に本試験の解答例と解説が掲載されましたので、早速チェックしてみました。

私は受験にあたって過去問解説の書籍は3種類使いました。

  • 河野先生の過去問集(令和2年版)
  • おきらく社労士の受験ノート(平成29年版...古っ)
  • 雑誌SR』(45号・49号・53号・57号の直近4回分)

3種類使った中での私の印象は、解答例の信頼度は雑誌SRが最も高く感じられましたので、今回の解答例のチェックには「事実上の答え合わせ」のような感じで緊張感をもって臨みました。

しかし、、、私は試験直後に再現答案といわれるものを何も作っていませんでしたので、試験当日に自分が何を書いたかは、かすかな記憶の中にしかないのです(汗) ですので、解答例と解説を読んでのイメージだけが頼りです。

私が最も不安だったのは、大問2倫理)の出来です。小問2の問題に全く自信がなかったからです。

解答例と解説を読んだ感じでは・・・倫理合計で10点の最低基準点はクリアできるだろうという感触だけは掴めました(ホッ)

あとは大問1あっせん事例の出来次第ということになりますが、何しろ、XとYの言い分のボリュームが凄すぎて(大汗)、とにかく時間的に厳しい試験でした。

私は、今回の試験は例年より合格率が下がるか、あるいは合格基準点が下がると予想しています。試験の難易度(解答のし難さ)はおそらく過去最高レベルではないでしょうか。

私はできる限り高得点で合格して、Twitterで自慢したいという衝動に毎日駆られております。。

3月12日の合格発表まであと32日。どんな結果になりますことやら。。。

ブログ復活しました!

こんにちは。このたび、Bloggerによるブログを復活させました。

以前から慣れ親しんでいたBloggerのほうがnoteよりも書きやすいと感じたからです(汗)

ただ残念ながら、以前のブログは引き継げませんでしたので、これから心機一転、新たな気持ちで書いていきたいと思います。

以前とは違って、ゆったり、まったりなブログになると思いますが、よろしくお願いします。