2021-02-14

私が考える最適な勉強法とは

資格試験の勉強法には様々なものがあり、勉強法に関する書籍も数多く出版されています。

今日は、私が考える最適な勉強法について書いてみたいと思います(あくまで私個人の考えであり、他の勉強法を否定するものではありません)。

勉強法に関してよく議論になることの1つに「テキスト中心か、問題集(過去問)中心か」というものがあります。

私は、この点については正解はないと考えています。

最終的には、テキストに書いてあることを覚えることが重要ですが、本試験で問われる形式に沿っていかにスムーズに解答できるようにするかが最も重要だと思います。

乱暴な表現になりますが、受験生には天才型凡人型の2つがあるように思います。

天才型は有名校出身で学力の高い受験生に多く、テキストを読んだだけで本質を理解し、様々な形式の設問に対応したアウトプットができるタイプです。天才型の場合は、テキストを繰り返し読んでインプットする勉強法が効果的で、本試験でも驚くような高得点を叩き出す受験生が多いです。

凡人型は、テキストを読んだだけでは本試験で問われる形式にすぐには対応できず、問題を繰り返し解くことをしないと記憶がなかなか定着しないタイプです。私を含め、世の中の受験生の大半がこのタイプではないかと思います(司法試験や公認会計士試験等の超難関の資格試験の受験生にはあてはまらないかもしれません)。

私が社労士受験で行った勉強法は、問題集の余白にテキストの該当ページをメモしておき、問題を解いた後に即座にテキストの該当ページを開き、周辺に書かれていることも含めてインプットするというものでした。テキストと問題集の相互リンク、特に問題集→テキスト確認を重視していました。テキストを読む際には、漫然と読むのではなく、本試験での問われ方を意識しながら読みました。


勉強法に関する私の持論は、「本試験で問われる形式に沿って準備する」というものです。

私が昨年秋に受験した特定社労士試験(紛争解決手続代理業務試験)は、記述・論述式の試験です。

私は、早い時期に過去問集を入手し、本試験ではどのような形式で問われるか、その形式でスムーズに解答できるようにするためには何が必要かを研究することから準備を始めました。

その結果、私が行ったことは、ノート数冊分に及ぶ写経(模範解答の書き写し)と、時間を計測しながらの記述練習でした。

長くなりましたので、詳しいことは合格発表の後にまた書きたいと思います。

不合格だった場合は、恥ずかしいので書けません。あしからず・・・(汗)