2021-06-12

あっせんのサポートを体験しました

4月から取り組んでいたあっせんのサポートが先日終わりました。

守秘義務がありますので詳細は書けないことと,事案の特定を避けるために表現の正確性に若干欠けるところがあることをまずお許しください。

このたび,遠方にお住まいの労働者の方の労働局へのあっせんの申立てからあっせん期日当日までの過程において,特定社会保険労務士としてサポートをさせていただきました。

あっせんの代理ではなく,すべてオンラインでのサポート(補佐)という形でしたので,難しい部分はありましたが,特定社会保険労務士として初めてあっせんに関わることができ,貴重な体験をさせていただきました。依頼者の方には深く御礼申し上げます。

結論から申し上げますと,労働局でのあっせん解決事例としては標準的な水準での解決金による和解という結果になりました。

正直に申し上げて,私が特定社会保険労務士として関与したことによって,解決金の水準が上がったという実感はありません。私が関与せず,依頼者が独力であっせんに臨んだとしても解決金の水準はほとんど変わらなかったかもしれません。

依頼者の方との何十往復にもわたるメールでのやりとりを通して私が嬉しく思ったことは,「心強いお言葉をありがとうございます!」という依頼者からの感謝のお言葉を何度もいただいたことです。

あっせんのサポートをしている最中に私が常に心がけていたことは,「100%依頼者の味方になる」ことと,「依頼者を常に励まし続ける」ことでした。少なくとも,私の思いは依頼者の心に届いていたと勝手に自己満足しています。

あっせんのサポートを終えて今感じることは,もしかすると,特定社会保険労務士があっせんに関わることの最大の利点は,依頼者の不安な気持ちを和らげることにあるのかもしれないということです。

コロナ禍が長期化することによって雇用情勢の回復がなかなか見えない昨今ですが,労働問題でお困りの労働者の方への支援は今後も続けていきたいと強く感じたあっせんサポートとなりました。