2021-08-21

コンビニアドバイザーとして再出発しました

このたび,私はコンビニアドバイザーとして新たなスタートを切りました。

今から7年前,コンビニ加盟店店長を辞してコンサルティング事務所を立ち上げたのは,コンビニに従事する人たちの社会的地位を上げたい本部と加盟店が共存共栄し,コンビニ業界が末永く発展するためのお手伝いがしたいとの思いからでした。

独立してから2年後の社労士受験の翌月から,私が加盟店店長を務めていたお店の母店で夜勤アルバイトとして働くことになりました。お店のオーナーからの要請に応えたものですが,当初,私は翌年に社労士として開業するまでの繋ぎとして考えていました。

それから5年が経ちました。

事務指定講習を無事に修了し社労士事務所を立ち上げたものの,夜勤による昼夜逆転生活もあって,本業であるはずの社労士としての事業を成長させることはできませんでした。

これはひとえに,私自身の社労士にかける思いや情熱が欠けていたのだと言わざるを得ません。

社労士として仕事を得ることに意識が集中する結果となり,7年前の独立当初の志をいつしか忘れていました。


先日,私がセブンイレブン本部社員時代から大変お世話になってきたオーナーさんがお亡くなりになられました。地元で古くからセブンイレブンのご商売をされてきたオーナーさんです。私が独立した時にも,社労士の仕事を始めた時にも激励してくださいました。

オーナーさんのご逝去は,私自身のこれまでの職業人生を振り返る契機となりました。

熟考した末に私が出した結論は,「もう一度原点に還る」ということです。

これまで長く携わってきたコンビニの仕事について,私自身の職業人生の集大成として,もう一度最初から取り組んでみたいと思うに至りました。

早速,現在勤めているお店のオーナーに掛け合って,勤務日数を増やすとともに一定の責任と権限を持つアドバイザーとしての仕事もさせてほしいとお願いしました。

その結果決まったことは,週2日の夜勤に加えて週2日の勤務を増やすこと,新たにアドバイザーとしての仕事を業務に加えること,週末は個人事業主としてコンビニアドバイザーの仕事をすることの承諾をいただくことです。

これにより,特定社会保険労務士としての活動は一歩後退することになるかもしれませんが,これまでに得た経験と知識は,これから関与することになるコンビニ加盟店の良き経営の実現のために使いたいと考えています。